オーディション用宣材写真を格安に撮影|後楽園スタジオ(東京都内)

                    
 

オーディション用の宣材写真、普段使いの宣材写真、プロフィール写真、婚活写真を格安料金5,980円と安心価格にて撮影いたします。当撮影スタジオでは全てプロのカメラマンによる撮影です。高級感のある白背景を中心とした撮影によりクオリティーの高い宣材作りのお手伝いをさせていただきます。

 
オーディション用宣材写真を格安に撮影のトップ画像
撮影基本料金5,980円
        

 東京都内の撮影スタジオでプロのカメラマンが格安・激安で撮影します。

格安フォトスタジオの特徴

格安フォトスタジオの特徴

5980で可能な4つの特徴

  •  プロカメラマンが撮影
  •  150カット以上撮影
  •  所要時間30分
  •  全データのお渡し無料

アイドル、モデル、タレント、女優、レースクイーン、イベントコンパニオン、声優、役者、俳優、歌手、レポーターなどなど芸能界を志す方にとって宣材写真はとっても重要なものですよね。宣材写真が悪いと、オーディションの写真選考の際、目に留めてもらう事ができないため、仕事に繋がるきっかけを失ってしまうかもしれません。後楽園スタジオではさまざまなジャンルのオーディションに対応した宣材写真の撮影が可能です。しかも、プロのカメラマンによる撮影を格安で行います。私どもの撮影スタジオではお客様の描く夢の実現をお手伝いさせていただきたく願っております。また、芸能人の方の普段使いのプロフィール写真としてホームページやブログ、CD・DVDのジャケット、ポップ、カタログ、フライヤー、ポスター、会社概要などに当フォトスタジオの写真を幅広くご利用いただいております。後楽園スタジオでは高級感のある白背景を中心とした撮影により、お客様のご満足いただける丁寧でハイクオリティーな写真を格安でご提供します

プロフィール写真など宣材写真(宣材)のサービスについて詳細

格安5980円のサービス詳細

      
  • 撮影料金5,980円/30分

    撮影料金5,980円/30分です。グループでの撮影において人数が5名様を超える場合には別料金となります。詳しくは人数制限・延長料金をご確認ください。また、30分だと「準備に時間が足りない」「良い表情を作れない」「衣装のパターンが多い」というお客様は準備スタジオレンタル5,980円/30分や延長料金5,980円/30分をご利用いただけます。ご予約時にお申し出ください。

  • 150カット以上撮影

    150カット以上の撮影をします。ただし、お着替えやバリエーションのご要望によっては撮影カット数が少なくなる場合がございます。

  • 所要時間は30分

    ご準備(ご自身でのヘアメイク、着替えなど)を含め撮影が25分+撮影データの取込み・お渡し5分の合計所要時間30分。

  • 時間内で撮影バリエーションは自由です。

    お一人で撮影の場合に衣装は2パターンがお勧めです。

  • 白背景での撮影

    高級感のある白背景を中心とした撮影です。黒背景による撮影は別途オプション料金がかかります。詳しくは撮影事前オプションよりご確認ください。

  • 全撮影データを無料にてお渡し

    全撮影データをお客様お手持ちのUSBメモリにて無料でお渡し致します。

  • USBメモリをご持参ください。

    USBメモリーをお持ちでない方には1800円/個にてお譲り致します。また、DVD-Rデータ(無料)をお渡しいたしますが、稀にお客様の環境によりDVD-Rの画像を見ることができない事象が報告されています。その際、当スタジオは一切の責任をおいかねます。できるだけ1GB以上の容量の空きがあるUSBメモリーをご持参ください。

  • 一人での撮影は主役の方1名様のみ

    団体様の宣材(宣材写真)の場合、お一人での撮影は主役の方1名様のみとさせていただきます。なお、主役の方以外で1名単位の撮影を希望される場合は、1名追加あたり30分延長となり5,980円を頂いております。

  • 撮影データの無料発行は1回

    撮影データの無料発行は撮影時1回限りです。複数のDVD-RやUSBメモリへデータ発行を希望される場合、有料(1,500円/回)となります。

  • 永久保存します

    撮影データはすべて当スタジオにて無料で永久的に保存致します。紛失などで再発行される場合は有料(1,500円/回)にてお受けいたします。

  • 自然光での撮影も可能です
    ※自然光撮影は5980円のプランとは異なります。

    スタジオ周辺の屋外にて日中の自然光を利用した撮影をすることも可能です。詳しくは周辺自然光撮影をご確認ください。

  • プロのヘアメイクでより高いクオリティーを
    ※ヘアメイクは別途オプション料金がかかります。

    プロのヘアメイクさんが、より高いクオリティーの宣材写真撮影をお手伝いいたします。女性にかかわらず男性もご利用可能です。撮影料金とは別料金となります。ヘアメイクよりご確認ください。

  • 多彩な撮影オプションでご満足いただけます。

    当撮影スタジオでは新品背景紙の変更、準備スタジオレンタル、ペットの持ち込み、背景色の変更などなど充実した撮影オプションをご用意しております。詳しくは撮影事前オプションよりご確認ください。

  • アフターオプションでさらにご満足

    当フォトスタジオでは修整(レタッチ)、サイズ変更など撮影後オプション(アフターオプション)のご利用でさらにご満足いただけます。詳しくはメニューバーより各ページをご確認ください。

  • 充実した販売商品でさらなるご満足

    当写真館ではusbメモリ販売、プリント(現像)、写真台紙セットなど充実した販売商品をご用意しております。詳しくはメニューバーより各ページをご確認ください。

宣材写真、プロフィールのグループ撮影の人数制限と延長料金について
人数 金額
1~5名様 5,980円/30分(25分)
6~8名様 12,000円/45分(35分)
9~11名様 18,000円/60分(45分)
12~14名様 24,000円/60分(45分)
15~17名様 30,000円/60分(45分)
18~20名様 36,000円/60分(45分)
準備スタジオレンタル
延長料金
5,980円/30分

上記()カッコ内がお客様のご準備・撮影時間となります。

上記時間について30分の場合は5分、45分の場合は10分、60分の場合は15分が画像データの取り込みとご精算の時間となります。

宣材(宣材写真)が激安、格安の東京都内の写真スタジオです。

当写真スタジオでは格安、激安料金5,980円にてプロカメラマンが高級感のある白背景による高いクオリティーの宣材写真を撮影します。オーディション用のプロフィール写真はもちろんのことその他すべてのジャンルに多様に対応致します。

当フォトスタジオの撮影ジャンルはさまざま

  • オーディション用のプロフィール写真
  • モデル、タレント、アイドル、声優、女優、俳優、役者、歌手、アーティスト、ミュージシャンなどの芸能人の普段使いの宣材写真
  • 会社の代表や弁護士、税理士、行政書士など士業の方のプロフィール写真また医師の方のプロフィール写真
  • CDジャケット、DVDジャケットの写真
  • 雑誌、フライヤー、ポスター、ポップ、チラシなど広告宣伝用の写真
  • 名刺用の顔写真
  • web制作全般の写真素材
  • お見合いなどに利用する婚活写真

高級感のある白背景にて撮影します

白い背景(白バック)を上手に利用した写真の仕上がりは高級感が有ります。何より主役が最大限に引き立ちます。主役を最大限に引き立てるのは白い背景とその撮影の目的にあった光の当て方(ライティング)で決定されます。当フォトスタジオではお客様の魅力を最大限に引き出すためにこだわりの白バックで最高の一枚を残せるよう撮影を行っています。

オーディション用のプロフィールなど撮影が初めての方へ

衣装

後楽園スタジオでは白バックの撮影を基本としておりますが白の衣装での撮影も可能です。白バック、白の衣装は髪の乱れなどが目立つ場合が多いのでヘアメイクのご利用がお勧めです。

表情

宣材写真撮影が初めての方はとても緊張されると思います。どうしても表情が硬くなってしまいがちですよね。写真撮影において表情のバリエーションが多い人(豊かな表情の持ち主)ほど良い作品を撮影することができます。撮影前日に鏡を見ながら最高の笑顔、微笑み、怒った顔など様々な表情を作る練習を5分程度だけでもして下さい。本番に豊かな表情が生まれ良い作品(宣材写真)を残すことができます。しかし、プロのスポーツ選手は日々厳しい厳しい訓練をします。それと一緒で豊かな表情・表現は日々の繰り返しの練習が必要です。

ポーズ

オーディションにも様々な種類がありますが当フォトスタジオでは、特にシンプルなお客様の一番綺麗に見える立ち方を提案しております。

アクセスしやすい東京都内の写真館です

水道橋駅や後楽園駅から便利なアクセス

当写真スタジオの最寄り駅はJR水道橋駅、都営三田線水道橋、後楽園駅、本郷三丁目駅、春日駅となります。特に都営三田線水道橋駅A6出口からは徒歩3分程度と大変近い位置にございます。都営三田線、都営大江戸線、丸ノ内線、南北線、JR総武線など様々な路線をご利用頂けるため茗荷谷、神保町、千駄木、御茶ノ水、飯田橋、市ヶ谷、湯島、白山、秋葉原からお越しの際も大変便利にご利用頂けます。また東京、新宿、渋谷、池袋、上野、中野、高円寺、下北沢、品川、吉祥寺、町田、立川、八王子、飯田橋、国立、練馬など東京の学生さんの多い地域からのアクセスもとっても便利です。オーディション用の写真、プロフィール写真など宣伝材料用写真(宣材写真)を高品質かつ格安料金にて撮影しておりますので、横浜、川崎、大宮、所沢、千葉、船橋、山梨、栃木、茨城、静岡など遠くから来られるお客様も多数いらっしゃいます。東京ドームシティアトラクションズ(旧後楽園ゆうえんち)からは徒歩3分程度です。

所在地
  • 〒133-0033
  • 東京都文京区本郷1-11-12
  • 坂詰ビル4階

プロが格安・激安で撮影する理由

良い写真はお客様を幸せにします

プロフィールなど宣材写真はその仕上がりの良さでオーディションなどによる仕事のきっかけや人との出会いの量が決まります。記念写真は一瞬の思い出なわけですから記念に残る素敵な記録として残しておきたいものです。また、就職活動(就活)の証明写真は就職したい企業への重要なアピール材料となるため清潔感のあるさわやかな印象の写真を使用すべきでしょうし、お見合い写真は出会いの一歩ですので異性に対して好印象を与える重要な武器となります。

写真撮影に慣れることが重要な場合もあります

プロフィール写真やお見合い写真などさわやかな笑顔の写真で勝負したい場合、初めて撮影される方は緊張などもありなかなか思い通りの表情を作れない場合があります。鏡を見て普段から練習をすることも大切ですが、日をわけて何度も撮影することで写真撮影に慣れて納得のいく写真を手に入れることができます。

高いクオリティーをご満足いくまでご利用頂きたい

一般的にプロカメラマンが撮影する写真は高額ですが、写真スタジオで撮影代が手が出ないほど高額であれば気軽に利用できないものです。そうなると、折角のチャンスを得ることができないでしょうし、素敵な思い出・記念を記録に残すことができません。後楽園スタジオでは、気軽にクオリティーの高い写真撮影を何度でもご満足いただくまでご利用いただきたいと考え、一般では考えられないほどの低価格でサービス提供致していおります。

宣材写真とは

宣材写真とは宣伝材料写真の略称です。言い方を変えると、「宣伝するための材料として使用する写真」の略称です。単に宣材と呼ぶこともありますが少々意味合いが異なる場合もあります。さて、宣材写真という言葉について聞きなれない方も非常に多いと思いますが、声優・俳優など芸能関係に使用するプロフィール写真、オーディション写真などの人物写真にとどまらずとても幅広い分野、業種、媒体で使用されている言葉です。状況や使用目的に応じてプロフィール写真、オーディション写真、婚活写真、アー写などと言いますが総称して宣材写真という言葉でまとめる事が出来るでしょう。また、商品写真も宣材写真という言葉でまとめる事が出来ます。商品写真の撮影を「ぶつどり」などと表現する場合もあります。

品質の良い、クオリティーの高い宣材写真の重要性・必要性・可能性

宣材写真をすでに利用されている方は、品質の良い、クオリティーの高い宣材写真の重要性・必要性・可能性に気付いていると思います。顔を売るお仕事をされている方にとっては特に宣材写真は必要不可欠ですし、宣材写真を見る人に対してお客様ご自身(こちらでの「お客様ご自身」とは宣材写真に写っている人あるいはそれをプロデュースする人を指しています。)の創造するさまざまなイメージを印象づけて伝えていかなくてはいけません。そして、たった一枚の宣材写真の仕上がり次第で仕事量や売上は変わりますし、将来の可能性の拡がり方が決まってしまうと言っても過言ではないほどに重要です。ご自身が納得する、自信が持てる宣材写真であれば、お客様を高く評価してくれる宣伝の材料として必ず活躍してくれるはずです。

身近な例としてわかりやすいところでは、レストランに行ったときにメニューの写真のクオリティが高いと美味しそうに見えて注文したくなりますよね。別の例をあげますと、アイドル、歌手などがカッコよくまた可愛く写っている写真を利用したCDやポスターなどの商品を見ると欲しくると思います。

オーディションの応募写真でも上述の2例と同じようなことが言えます。時として、採用の担当者は一度に何万人もの応募写真を目にするので、採用の担当者の目に留まる「品質の良い、クオリティーの高い宣材写真、オーディション写真」を提出する事が重要といえます。スマートフォンで撮影した写真や簡易的なデジタルカメラで撮影した写真を「いい加減な写真」と判断し「やる気がない人」と嫌う場合があり、プロの撮影した写真を「よい写真」として好むことが多いようです。(採用の担当者はプロです。数多くの写真を見ているので非常に目が肥えた方々です。)

「品質の良い、クオリティーの高い宣材写真」とは以下、リストの問いに答えを出した上で撮影された写真であり、最終目的を達成するために最善がつくされた作品である事に間違えはありません。

  • プロ用の機材を使用しているか?
  • プロの技術で撮影しているか?
  • プロデューサー(マネージャー)は誰か?
  • ディレクターは誰か?
  • スタイリストは誰か?
  • ヘアメイキャプは誰か?
  • 誰に見せる写真なのか?
  • 何をどのように見せたいのか?
  • 媒体はなにか?
  • 最終目的はなにか?(得られる結果は何か?)

宣材写真の様々な呼称や表現について

宣材写真は様々な呼び方があり状況、使用目的などで表現が変わります。

  • 宣材写真
  • オーディション写真
  • プロフィール写真
  • アー写(アーティスト写真の略語。バンドやミュージシャン、ダンサー、音楽家などが使用するケースが多いと思われます。)
  • ジャケ写(CD、DVDのジャケット写真の略語)
  • コンポジット(英語のスペルはcompositeです。直訳すると複合です。いろいろなシーンで撮影された写真や色々な表情、ポーズの写真など複合しファイリングしたブック形式にしたものをコンポジットと呼んでいたことから宣材写真の事をこのように表現するようになったと思われます。)
  • ポートレート(肖像写真の事を指します。元は印刷の用紙方向を縦向きに指定する事を指し、肖像写真が縦長であることが適していることからこのように呼ばれるようになったと考えられます。また、宣材写真も縦長で利用する事が多いことからポートレートと表現する方もいるようです。)
  • 婚活写真
  • お見合い写真
  • 商品写真

宣材写真のよくある間違え

正しくは宣材写真ですが以下のように間違える方も多いので注意が必要かもしれません。

潜在写真
潜在能力が写っている写真のような感じの意味合いで使われそうですが。
洗剤写真
石鹸など洗剤の写真という場合で使うかもしれませんがあまり使われる事はなさそうです。

声優、俳優、モデルなど芸能関連での宣材

宣材と宣材写真の違いについて
「宣材」とは声優、俳優、モデルなど芸能関連においてメディアへの出演を希望する人や出演している人の所属する事務所のマネージャー等がクライアントなどへの営業用に使用するプロフィール用紙やプロフィールのデータを指します。これは、文字情報(生年月日、身長、スリーサイズ、靴のサイズ、趣味、特技、所属事務所、担当マネージャー等)にプラスして写真を貼り付けたものです。この宣材に貼り付ける写真を芸能関連においては「宣材写真」として扱われています。このように芸能関連においては宣材と宣材写真では少々意味が異なる使われ方をします。
宣材の一般的なサイズ
かつての宣材は一般的に文字情報の記載したA4サイズの用紙にバストアップと全身のL判サイズ(L版サイズ)の写真を現像して1枚ずつ計2枚貼り付けていました。最近では写真を貼るという概念が少なくなり文字情報と写真を一つのデータとしてA4サイズにプリントアウトしたものを使用しています。メールやラインで送りやすくするようにその宣材データをjpegやpdfで作成して保存している会社がほとんどのようです。

眼鏡(メガネ)を使用した宣材写真(オーディション写真、プロフィール写真、婚活写真など)の撮影

スタジオでの撮影でメガネは反射します。
メガネは顔の一部、ご自身のトレードマーク、おしゃれなど眼鏡が必需品となってる方は多いと思います。そして、いざ写真を撮る際に反射してしまうのではないか?と心配される方は非常に多いのではないでしょうか?では、はっきり申しましょう。ご心配の通り「眼鏡は反射します!」レンズの大きさ・形・材質、顔の形によって反射の度合いは変わるものの大半が反射します。最近では反射しやすいブルーライトの入っいたレンズなどもあり癖のあるレンズも随分とふえました。
眼鏡の反射を防ぐことは可能です。しかし・・・・
当スタジオではライティングなどの技術により眼鏡の反射を防いだ撮影が可能です。しかし、100%反射を防ぐことが出来る保証はしておりません。また、セッティングに時間がかかり貴重なご予約の撮影時間が短くなります。そして、顔の角度が決まってきてしまうので、お客さまにとっては自由度の低い撮影となります。

眼鏡をかけた撮影をスムーズにする知識・方法

お客様が当写真スタジオをご利用になる際に是非、最低限おさえて頂きたい眼鏡をかけた撮影をスムーズにする知識・方法をご紹介します。実際に撮影してみないとわからない場合も多々ありますが下記をご理解、実行していただける事で、セッティングの時間はかかってしまいますし顔の角度は決まってしまいますが、ご予約時間の有効活用につながります。

反射防止のコーティングがされたレンズの眼鏡を用意する
反射防止のコーティングは当スタジオにて撮影する際にレンズの反射を防ぐ事ができ、顔の角度の自由度があがる可能性があります。タレントや俳優などもテレビの収録で使用します。ただ、使用している期間が長いとはげてしまう事があるので傷のようになってしまい返って逆効果を招きます。できるだけ新しいものをご用意して頂く事をお勧めします。ただし、反射防止コーティングがされていても100%反射が防げるわけではないのでご理解ください。
傷の付いたレンズの眼鏡は避ける
傷の付いたレンズはレンズが濁って見える場合がありますし、光の屈折でより反射する事が考えられます。
レンズの汚れをよく拭きとっておく
手あかや、頭皮から出るフケなど眼鏡を汚す原因は多々考えられます。撮影前に柔らかい眼鏡専用の布でしっかり拭き取っておく事をお勧めします。ティッシュペーパーでレンズを拭くと傷をつけてしまう恐れがあるので避けるべきですし細かいゴミがつく場合もあるのであまりお勧めしません。
眼鏡のレンズはくもる
体温や気温・室温などの変化により眼鏡のレンズはくもる場合があります。眼鏡専用のくもり止めをあらかじめ塗る事をお勧めします。万が一、眼鏡専用のくもり止めが手に入らない場合は食器洗いの洗剤を塗りふき取る方法も眼鏡レンズのくもりをおさえる方法としてあるのですが、荒技なのでやめたほうがよいでしょう。眼鏡を痛める可能性があるのでご注意ください。
ブルーライトの入ったレンズ
ブルーライトのレンズは反射が防げたとしても青く色が入る事が考えられます。通常は避けた方が良いと思われますが、それが好みである場合には避ける必要はありません。
だて眼鏡
度の入っていないレンズを俗に言う「だて眼鏡」といいます。だて眼鏡のレンズはプラスチックを使用している事が多いため反射を防げない事があります。
フレームについて
レンズのみならずフレームも材質によっては反射します。また太いフレームは顔を影にする場合があります。反射や顔の影が気になる場合は複数の眼鏡をお持ちいただく事をお勧めいたします。

後楽園スタジオのカメラマンが推奨する眼鏡をかけて宣材写真の撮影を成功させる一番の方法

上記の「眼鏡をかけた撮影をスムーズにする知識・方法」のみではセッティングの時間はかかってしまいますし、顔の角度は決まってしまいます。ではどうすれば?「レンズのないフレームだけの眼鏡を用意する」という方法が眼鏡をかけて宣材写真の撮影を成功させる一番の方法であり、一番撮影をスムーズにする方法です。ライティングのセッティングに時間がかかることも少なくなり、お客様の貴重なご予約時間を有効活用することが可能です。顔の角度も自由に撮影が可能です。しかし、フレームの反射やフレームにより顔に無駄な影が入る事も考えられるので数パターン用意して頂く事をお勧めします。視力の悪い方はコンタクトレンズをする事でよりカメラから目線が「はずれず」に撮影する事が可能です。角度が正面の写真を希望とされるお客様には最も効果的ですし、二重顎(にじゅうあご)が気になる方にも大変お勧めの方法です。

上記、成功させる一番の方法を簡易的にリスト化しました。

メリット
  • レンズの反射がない(そもそもレンズが無い)
  • 顔の角度が自由に撮影できる
  • 予約時間を有効活用できる
  • レンズの効果がなくなる(目が小さくなる、顔の輪郭がずれるなど)
デメリット
  • 購入に費用がかかる
  • フレームを複数用意する必要がある