L版サイズ(L判サイズ)-写真サイズ

L版(L判)の写真サイズについて説明します。写真プリント(現像)の際に是非ご利用ください。

127×89(単位:mm)

L版(L判)の写真サイズについて

もっとも一般的な写真サイズとして認知され、使用用途は様々です。記念写真などのスナップ写真、お見合い写真、声優・モデル・俳優などのオーディション用のプロフィール写真(宣材写真)として利用されています。

  • L版(L判)の写真サイズとb7はサイズが異なります。近いサイズではありますがL版(L判)≠b7です。詳しくはb7サイズをご覧ください。
  • L版(L判)は縦横比が1.427:1のため縦横2:3(横置きの写真)のカメラで撮影すると左右が少々切れてプリントされます。
  • L版(L判)は縦横比が1.427:1のため縦横3:4(横置きの写真)のカメラで撮影すると上下が少々切れてプリントされます。
  • 撮影した画像を切れずにプリントする場合は白ふちありでプリントするか、2:3のカメラで撮影した場合はKGサイズ、3:4はDSCサイズでプリントするとほぼ切れずにプリントすることが可能です。

L版(L判)サイズ早見表

写真サイズ mm cm
L判(L版) 89×127 8.9×12.7

L版(L判)の解像度とピクセル数

解像度
(単位:dpi)
72 300
ピクセル数
(単位:pixel)
252×360 1051×1502

menu