RAW(ロー)|撮影に関する用語集

後楽園スタジオや撮影に関する用語「RAW(ロー)」について解説します。

RAW(ロー)

「生の」「未加工の」の意味。デジタルカメラでは、カメラ内部での画像処理を受けていない状態の画像データのファイル形式を指す。JPEG形式に比べてファイルサイズが大きく、対応ソフトで現像する手間が必要になるが、現像時にホワイトバランス(*)やコントラスト(**)、彩度などを調整できるため、撮影の効率アップがはかれ、また画質面でも有利となる。ローデータなどと呼ばれる。

menu