レースクイーン|撮影に関する用語集

後楽園スタジオや撮影に関する用語「レースクイーン」について解説します。

レースクイーン

モータースポーツ(自動車、オートバイなどのレース)に参戦する各チームのスポンサーの宣伝広報員である。本来はレース主催者などに雇われた(選ばれた)数名の女性で優勝者の表彰などレース運営の中で一定のシンボル的役目を担う者を指す言葉だったが、現在ではこの意味で使われることはまれである。上記のように各チームに所属する者は、本来はマスコットガール、またはキャンペーンガール(キャンギャル)と呼ぶのが正しい。レースクイーンの分類としては、純粋にレースクイーンだけを生業とする者がいる一方で、学生やその企業の従業員が兼業で就業することもままある。またタレントや俳優として名を成した者もしくはグラビアアイドルなどでデビューした後に年契約でレースクイーンを務める、コスプレイヤーやネットアイドルといった「アイドル予備軍」が参入する、など経歴や形態が多様化し、また現役女子高生レースクイーンの誕生といった低年齢化も進んでいる。

menu