現像|撮影に関する用語集

後楽園スタジオや撮影に関する用語「現像」について解説します。

現像

銀塩写真において、撮影された写真や映画のフィルムや印画紙を薬品で処理して映像(潜像)を出現させることをいうが、広義には定着までの工程を指す場合もある。また、ネガフィルムの現像と印画紙へ拡大して焼き付ける引き伸ばしまで、暗室操作を含めていう場合もある。 デジタルカメラの場合、RAW画像で撮影したデータをソフトウェアでレタッチしてJPEGやTIFFなどのデータファイルとして出力する過程を現像という。デジタルカメラの内部ではこの現像が行われおり、JPEGなどの画像形式で保存される。

menu