望遠レンズ|後楽園スタジオ

                    
 

後楽園スタジオや撮影に関する用語「望遠レンズ」について解説します。

 
用語集のトップ画像

望遠レンズ

後楽園スタジオや撮影に関する用語「望遠レンズ」について

写真レンズの分類の1つである。「望遠レンズ」を定義する厳密な基準はなく、標準レンズよりも「画角の狭いレンズ」・「焦点距離が長いレンズ」という意味で分類される。(詳細は、#望遠単焦点レンズを参照。) カメラシステムには、さまざまな画面サイズ(フォーマット)がある。他のフォーマットでは、レンズの焦点距離に対する画角が異なるため、望遠レンズの定義を焦点距離で分類するのは適切ではなく、画角で分類される。望遠レンズの特性としては、画角が狭いため狭い範囲を切り取るように写すことができ、圧縮効果があり、被写界深度が浅く、また手ブレに弱い。